イベント

 
toyamauniversity
112人の自画像

富山大学芸術文化学部 卒業制作より


10月5日(土)~10月27日(日)

10:00~17:30(最終日15:30終了)



富山大学に芸術文化学部が開設されて13年。絵画専攻した卒業生は、創設第1期から直近第10期生まで112人。全員の自画像を集めました。現在県内外などで活躍する若手作家も数多くいます。 それぞれのルーツともいえる112通りの自己の捉え方。全員の顔を一度に展示するのは初の試みとなります。圧巻です。



カフェスペースでパティシエールなかやまさんの秋のスイーツが召し上がれます。10:30頃からになります。


[10月5日]
モンブラン

[10月19日]
リンゴのタルト

[10月27日]
バルケットオマロン


上記以外はガトーショコラになります。

     
ページトップへ -

salon
古いものと新しいこと

SALON


9月7日(土)~9月23日(祝月)

10:00~17:30(最終日15:00終了)



七尾市でオリジナルアパレルブランドと日本や西洋の古道具や器などを扱っているSALON(サロン)の展示会。


新しく選ぶものにはいつもどこか懐かしさがあり、古くなったものはいつのときも時代を越えて新鮮さを潜んでいます。古いものと、新しいこと。それはいつもそばに。takurohshirafujiの衣服と、それに寄り添う器や古道具、古布を展示販売します。

白藤拓郎
白藤友美



++ルヴァンのパンの日++

9/7(土)、9/21(土)


SALONの白藤さんと親交のある、甲田幹夫さんのルヴァンからパンや焼き菓子が届きます。

ページトップへ -

yocoasai
織り機で描く日々のこと

浅井洋子


7月13日(土)~8月18日(日)

10:00~17:30(最終日15:00終了)



日々の暮らしのなかで思い浮かんだ事や、好きなものを図案にして織物を制作している浅井洋子さん。今展では初夏~夏の日常をモチーフにした2重織りや、ほっくりくるノッティング織りの作品たちを展示販売します。日常に使いやすいものばかりです。なんか懐かしくもある浅井さんの世界をどうぞ。


おうちで楽しんでいただけるキットの販売やワークショップも開催します。会期中のカフェスペースでは、浅井さんのコースターでドリンクを召し上がりになれます。


*ワークショップのご案内はこちら*



++パン屋が作る日々のおやつ++

7/20(土)、8/3(土)、8/17(土)


金沢の尾山神社近くにある、小さな小さなパン屋 coya. から日替わりでおやつが届きます。

ページトップへ -

谷帽子
谷帽子展

6月1日(土)~9日(日)

10:00~17:30(最終日15:00終了)


作家在廊日 1日、2日、8日、9日


谷帽子の谷和彦さん。日本各地の職人から拘りの生地を取り寄せ、帽子を制作しています。メインの帽子はベーシックなものから二度見してしまう個性的なものまで並びます。
シンプルで機能的な洋服たちもあります。

ページトップへ -

edge
edge

浅田隆一郎 くごうあい 宮本明日香


4月6日(土)~5月6日(祝月)

10:00~17:30(最終日15:00終了)



浅田はモノクローム写真、くごうは陶造形、宮本は絵画インスタレーションで、それぞれのedge(エッジ)を表現。




<4月6日>
カフェスペースで、パティシエールなかやまさんの桜のケーキを用意します。


<作家在廊日>

浅田隆一郎 4/23
くごうあい  4/21,5/1,5/5,5/6
宮本明日香 4/27,5/3~5/6

ページトップへ -

福島あずさ
TAO

studio-tao 福島あずさ タペストリー展


9月15日(土)~10月8日(祝月)

10:00~17:30(最終日15:00終了)



じょうはな織館と同じ年代に建てられた旧宮島村役場(小矢部市、国有形文化財)を工房に制作活動をしている染織家福島あずさのタペストリー展。大作新作を中心に発表します。

タイトルの「TAO」は工房名でもあり、中国の陰陽思想から。森羅万象を陰と陽に分類し、ふたつのエネルギーのダイナミックな変化によって世界が創生される。織りの経(たて)糸と緯(よこ)糸の交わりにも通じるその世界を、色と素材の対比で表現します。



<福島あずさ>

川島テキスタイルスクール卒業。
天然の素材と染色にこだわって制作している。

     

在廊日:毎土日祝

ページトップへ -

西垣聡

西垣聡ガラス作品展

夏の光

7月28日(土)~8月19日(日)

10:00~17:30(最終日15:00終了)



グラスから、お茶道具やオブジェまで、夏の光のように輝く、ガラスの作品たち。グラスは普段使いしやすい吹きガラスの作品から繊細な技法を駆使したカッティングの作品まであります。



7月28日 opening cafe

喫茶 夏の光

「パティシエールなかやま」さんから、タイトル名のひんやりスイーツが届きます。西垣さんのグラスと共にお楽しみください。



会期中のカフェスペースでは、いつでも西垣さんのグラスでドリンクをお召し上がりになれます。

ページトップへ -

柏井裕香子
いつかの、どこかの、だれかしら

柏井裕香子 個展


5月26日(土)~6月17日(日)

10:00~17:30(最終日15:00終了)



柏井裕香子は染色家。黒部市生まれ。名古屋芸術大学大学院デザイン研究科修了。京都を中心に作品発表。様々な染の技法を用い、身体や記憶をテーマに作品を制作している。



白生地に筒描き染の技法を用いて染色し、染め上げた布を独自のイメージに裁断・縫製して作品を制作しています。自身の暮らしや、幼少時代の記憶の断片を組み合わせて描いています。素材や色合いの楽しさと、絵柄やカタチの面白さを味わっていただけたらと思います。

柏井 裕香子

ページトップへ -